ページの先頭です

株式会社IHI検査計測

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

非破壊検査

多チャンネル方式ET技術

多チャンネル方式ET技術

多チャンネルET検査装置は、1つのプローブで約50mm幅の範囲にある微細な割れをリアルタイムに観測できます。割れを感知するとプローブ内部の電圧が変動するので、そのデータを画像処理し、パソコン画面に表示します。傷の位置が容易に識別され、割れの大きさは走査方向に対し、垂直方向の大きさの識別ができます。

システム構成

特長

  • 最大128個の小型コイルを1つのプローブとして、
    1回の走査で高速面探傷が可能です。
  • 高速面探傷および結果表示が可能です。(プローブ走査後、瞬時に表示)
  • 結果はカラー表示のため誰にでも観察可能です。

結果表示画面例

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。