ページの先頭です

株式会社IHI検査計測

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

計測

熱電対による温度計測

熱電対による温度計測

熱電対利用の温度計測は、取扱いが容易で、精度よく計測でき、部材温度計測などで威力を発揮します。

原理

異種の金属線A、Bで図1のようにループを構成する。両端A、Bに温度差を与えると、接合点における接触電位差が生じて平衡が破れ、回路に電流が流れる。これを熱電流といい、熱電流を生じさせる起電力を熱起電力という。
熱電対はこの原理を応用したもので、高温側接合点 a を温接点、低温側接合点 b を冷接点といい、幅広い温度計測に用いられる。

特徴

  1. 構造が簡単
  2. 取扱いが容易
  3. 種類を選択すれば、温度変化に対する熱起電力の変化が直線的で、精度のよい計測ができる。
  4. 耐熱的で高温中でも機械的強度を持ち、かつ耐蝕性もある。
  5. 種類 B, S, R, K, E, J, T
    公称線径0.32〜3.2mm 使用限度(常用) -200〜1500℃

適用例

作業実績

  1. 橋梁の温度計測(橋桁、橋脚、ケーブル等) 張力、測量計測と併用
  2. ボイラー、LNGタンクの温度計測 赤外線計測と併用
  3. 原子炉格納容器の温度計測 光ファイバー変位計測器(SOFO)と併用

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。