ページの先頭です

株式会社IHI検査計測

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

材料試験

特殊材料試験 - き裂伝播試験

特殊材料試験 - き裂伝播試験

当社では、部材の疲労き裂を導入しながら、熱処理を平行して実施して、疲労き裂破面に高温酸化スケールの生成により模様き裂伝播の模様をつけます。疲労試験後、き裂破面を開放し、き裂伝播状況を観察することで、き裂伝播特性評価ができます。これらを詳細に解析することで構造部材のき裂伝播特性を明らかにすることができます。

き裂1個で伝播した場合

き裂が2個ある場合の伝播模様

このようなき裂伝播試験の特徴は、き裂が複数個あった場合でも計測できます。通常のCT試験では1個のき裂伝播特性評価ですが、本方式では、実体モデルに近い形状でのき裂伝播がシミュレーションできます。FEMなどの構造解析結果と比較することで、計算の妥当性、評価方法の開発に適用できます。

  • 実体モデル試験による疲労損傷評価。
  • き裂発生後、熱処理による破面着色すれば、き裂伝播過程が評価できます。
  • 写真は、ひずみゲージによる疲労試験中のひずみ分布を計測している。

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。