ページの先頭です

株式会社IHI検査計測

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

モニタリングシステム

漏油検知器 [導入事例]

導入事例

オイルリークモニタを導入していただいた企業様へお話をうかがいました。

事例 1

より安心・安全な水の供給を目指して、河川取水用に導入

秋田県由利本荘市 大内総合支所 水道班 加藤安明様

秋田県由利本荘市 大内総合支所 水道班に、オイルリークモニタを導入していただきました。導入に至った背景や経緯、その後の効果などについて、水道班の加藤安明様にお話をうかがいました。

「オイルリークモニタ」の導入背景についてお聞かせ下さい。

水道班では河川などから工業用水・生活用水などを取水し水の供給行っておりますが、万が一、灯油などの油が混入した場合に、いち早く発見し安心・安全な水を供給することが重要となります。そこでIHI 検査計測のホームページで『オイルリークモニタ』を知り、導入を決めました。

監視器06B型

画像を拡大する

「オイルリークモニタ」をお選び頂いた決め手は何ですか。

高感度検知、浮遊・混濁油も検知可能な点です。

フロートセンサの設置場所

画像を拡大する

設置状況

画像を拡大する

実際に製品が届き、設置をする際はいかがでしたか。

これまでに油検知器を使ったことはありませんでしたが、取扱説明書は理解しやすく、実際に取水場での機器設置も簡単に行えました。

「オイルリークモニタ」導入の効果、特に御社にとってのメリットを教えてください。

油の検知ができるようになり、漏油に対する適切な処置が可能となりました。住民の方々へ、これまで以上に安心・安全な水の供給を目指していきます。

加藤様、インタビューへのご協力と写真のご提供をありがとうございました。これからも、製品・品質・サービスの向上を目指して努力して参ります。

事例 2

微量検知による油漏れ早期発見のため、発電・送電施設に導入

国内電力会社様

「オイルリークモニタ」の導入背景についてお聞かせください。

西日本地区にある電力会社で、地域住民や企業に電気を発電し送電している。以前から油類の流出防止対策を施していたが、昨今の環境保護への関心の高まりから、より微量での油検知が必要になった。これまでに使用していた漏油検知器は油の量を要するため、微量での検知や早期発見が難しく、用途に合う機器が必要となった。

「オイルリークモニタ」をお選び頂いた決め手は何ですか。

ある展示会でIHI 検査計測の漏油検知器を知った。製品紹介・デモンストレーションを見たところ、今までの漏油検知器とは比べ物にならない高感度で油の検知が可能であるとの事。高性能なうえ、価格は既存製品と変わらない為、購入を決定した。

設置場所や用途について教えてください。

設備からの排水だけでなく、装置の潤滑油や冷却水中の油混入も監視、様々な場所に設置している。

「オイルリークモニタ」導入の効果について教えてください。

取付け作業が簡単に行なえるので、付帯費用が発生せずトータルコストを安く抑えられた。感度がいいということで誤警報を想定していたが、今のところ一度もなく順調に運用が続いている。今まで警報が鳴るたびに遠くから呼び出され、現場確認で誤警報とわかることが多く、漏油検知器に不信感をいだいていたが、今回の導入で皆無に等しくなり現場作業員から好評を得ている。

インタビューへのご協力ありがとうございました。
その他、各種研究施設や事業所空冷器、大手自動車会社の工場排水などにも設置されており、好評価をいただいております。

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。