ページの先頭です

株式会社IHI検査計測

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

非破壊検査

超音波フェーズドアレイ検査技術

超音波フェーズドアレイ(UPA:Ultrasonic Phased Array)検査技術

素子を多数配列(アレイ化)した特殊な探触子を用い、各素子が発信する超音波を統合して1つの超音波ビームとします。各素子の発信タイミングを制御することで、超音波ビームの伝搬方向および集束深さを操作できます。これにより、従来のUTでは探傷が困難な部材(複雑形状部、超音波の減衰やノイズが大きい材料など)に対する超音波探傷が可能になります。
従来のUTと同様の波形表示に加え、探傷結果の画像化(上面像、断面像、側面像)に対応しており、きずの有無や位置を直感的に認識することができます。

ラボ用フェーズドアレイ装置
(PC制御で複雑な条件の設定が可能です)

ポータブル型フェーズドアレイ装置
(小型・軽量でバッテリー駆動が可能です)

ビームの操作例

フェーズドアレイ法の概要

実機試験体の切断面および監視域

データ解析結果の例

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。