ページの先頭です

株式会社IHI検査計測

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

計測

穿孔法による残留応力測定

穿孔法による残留応力測定

計測対象表面に小さな穴を穿孔し、そのときに解放されるひずみから残留応力を計測します。規格ASTM E837-13に準拠した信頼できる手法です。

特長

  • 対象物に直径2mm、深さ1mm程度の小穴を空けるだけで、対象物の構造健全性を大きく損ないません (準非破壊測定)
  • 表面のみならず、内部の残留応力 (深さ1mmまで) も測定できます。
  • 現場出張での計測も可能です。

適用対象

  • 金属材料、プラスチック材料に対して広く適用実績があります。
  • パイプ内面も専用治具を用いて計測できます。(ただし、内径120mm以上)
  • 小型試験片、狭隘部などは適用できない場合がありますので、お気軽にお問い合わせください。

穿孔法計測システム

計測事例 (深さ方向の主応力分布)

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。