ページの先頭です

株式会社IHI検査計測

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

残留応力測定

コンター法による残留応力測定サービス

概要

測定対象物を放電加工により切断し,その際に解放される応力で生じる微小な変形を接触式の3次元測定器で精密に測定することで切断前の残留応力を逆解析します。

  • 材料内部の測定が可能
  • 残留応力の面分布測定可能
  • マルチカットによる複数成分計測が可能

コンター法測定の仕様

対象材料導電性材料(鋼材など)
測定方向計測面の法線方向
測定面 高さ10mm以上
測定面 幅10mm ~ 1,000mm

測定例

  • 曲げ加工後の長手方向応力分布
  • マルチカットによる溶接試験体の測定
  • 熱処理部品空冷後の応力測定

カタログ

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。