ページの先頭です

株式会社IHI検査計測

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

非破壊検査

ET管端部検査技術

ET管端部検査技術

この技術は、熱交換器伝熱管の管端部に特化した検査装置で、微細な割れおよび腐食減肉をリアルタイムに観測することができます。通常の熱交換器伝熱管に対する渦流探傷試験では、管端部では管板部のノイズ信号により検査が困難ですが、弊社独自の特殊回転プローブにより、このノイズ信号を除去し検査が可能です。また、検査対象の伝熱管による検量線を作成することで、伝熱管の減肉量を推定することが可能です。

コントローラ本体

特長

  • 回転プローブ方式による自動走査が可能
  • 特殊型プローブ開発により管端部ノイズ信号を除去

探傷方法

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。