ページの先頭です

株式会社IHI検査計測

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

化学分析・環境分析

溶接ヒューム中のマンガン濃度測定

概要

2021年4月1日より、金属アーク溶接等作業でで発生する「溶接ヒューム」が特定化学物質障害予防規則の特定化学物質(管理第2類物質)に指定されます。
屋内で溶接作業を実施している事業所は作業員の健康を守るため、2021年度中に溶接ヒュームの濃度測定が義務化されます。

当社では高感度で精度の良い誘導結合プラズマ発光分析(ICP-AES)でそのご要望にお応えしています。

適応

カタログ


よくあるQ&A

Q1:ヒューム計測の背景を教えてください。

A1:「溶接ヒューム」に含まれる「マンガン」が脳神経障害に関与することから、溶接作業時に保護具(防じんマスクなど)が必須となりました。作業時のマンガン濃度を把握し「適正な保護具」を選定するために測定が必要となりました。

Q2:計測が必要な「溶接作業」とはどのようなものですか。

A2:溶接作業場所が「屋内」であり、アークを熱源とする溶接・溶断・ガウジングの全てが含まれます。なお、燃焼ガス・レーザービーム等を熱源とする溶接・溶断・ガウジングは含まれません。自動溶接を行う場合、溶接中にトーチに近づくなど、溶接ヒュームにばく露されるおそれがある作業が含まれます。詳しくはお問い合わせください。

Q3:成分にマンガンを含んでいない場合は、計測適用外と考えて良いですか。

A3:マンガンの有無は測定対象の判断基準になりません。すなわち、該当する全ての溶接作業に溶接ヒューム濃度の測定が必要です。

Q4:溶接条件の考え方について教えてください。

A4:原則として、溶接条件(溶接方法、溶接材料、母材、溶接場所)毎に測定しなければなりません。但し、溶接ヒューム濃度が同じになると考えられる作業は「1条件」に纏めても構いません。

Q5:「1溶接作業」を測定するための人数、日数について教えてください。

A5:1溶接作業の計測結果を出すために「2人溶接員作業×1日」、もしくは「1人溶接員作業×2日」のサンプリングが必要です。なお、1回目の計測で基準値(0.05mg/m3)を超過した場合には、対策を講じて同計測を再実施する必要があります。

Q6:「溶接作業」の時間が短いのですが、測定しなければなりませんか。

A6:「溶接作業」に該当すれば、作業時間の大小に関わらず測定しなければなりません。

Q7:作業環境測定とは違うのですか。

A7:本件は「個人ばく露測定」であり、作業環境測定ではありませんが、報告様式は(公社)日本作業環境測定協会より「作業環境測定結果」に準じた作成が推奨されています。

Q8:結果が出るまでの日数についてに教えて下さい。

A8:サンプリング後1週間程度で数値の速報、正式な報告書提出まで3週間程度となります。測定条件によって変わりますので、詳細はお問い合わせください。なお、お急ぎの際はご相談ください。

Q9:保護具のフィットテストについて教えて下さい。

A9:フィットテストはテスターを用いて実施します。測定方法は「日本産業規格 T8150(呼吸用保護具 の選択、使用及び保守管理方法)」になりますが、当該規格は改訂が予定されており、改訂後に正式な測定方法として施行される予定です。

Q10:費用を下げる方法はありませんか。

A10:様々な状況に対応した計測方法を用意しております、詳しくはお問い合わせください。

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。